糖尿病はなぜこわい病気なのですか?
糖尿病は合併症と呼ばれる余病を引き起こすからこわいのです。高血糖の状態が何年も続くと糖尿病に特徴的な合併症がおこってきます。網膜症は目の障害を起こし、進行すると視力が低下して失明する場合もあります。腎症は腎臓の障害を起こし、進行すると尿毒症や心不全に陥ります。神経障害は足のしびれ感や痛みあるいは感覚麻痺を起こし、足壊疽になると足を切断しなければならないこともあります。網膜症・腎症・神経障害を糖尿病3大合併症と呼んでいます。また、糖尿病は動脈硬化症を引き起こし、心筋梗塞や狭心症、脳卒中の原因になります。これらの合併症は自覚症状が無くじわじわ進行していって、突然おもてに出てくるのです。合併症が出てから治療をするのでは遅いのです。血糖値を良好に保っていれば合併症は起こりませんし、進行を食い止めることができます。合併症予防の為にも、糖尿病は症状が無くても専門医のアドバイスのもとにきちんと治療しておくべきです。
copyright(c) 2003 Kanamori Diabetes Clinic Allrights reserved